やりたいことをぜんぶやろう!気ままな人生

「人間一生、物見遊山」そんな生き方をしてみたい。

 

宮崎。串間で絶品のブリ丼食べて都井岬で日本で唯一の野生馬の御崎馬を見てきました。

      2019/12/05

前回の続きです。4月7日8日の1泊2日で宮崎へ行ってきました。

予定はこんな感じだったのですが、今回は「都井岬」のお話。

初日

1)青島神社
2)サンメッセ日南
3)鵜戸神宮
4)都井岬

2日目

1)高千穂峡
2)高千穂神社
3)天岩戸神社
4)天安河原
5)棚田
6)クルスの海
7)馬ヶ背
8)大御神社

前回までで青島神社、サンメッセ日南、鵜戸神宮と観光してきました。

この先の都井岬までは少し距離があります。空港出てから時間もたっているのでランチにします。

大乃屋の活〆ぶりプリ丼ぶり

ランチで狙ったのは、途中の串間にあるお店です。串間は海に面しているので、もちろん海鮮がおいしいらしいのですが、名産としては特に志布志湾で養殖された鰤(ぶり)だそう。

まぁ養殖ってのはありますが、それでも期待はできそうです。

向かったのは大乃屋さん。看板メニューは「活〆ぶりプリ丼」です。ぶりプリってのがちょっと可愛い感じです。

で、Googleで調べると営業時間がランチは2時半まで。ちょっと時間が厳しいかんぁと思いつつ、ぎりぎり着きました。たぶんオーダーストップは2時くらいじゃないかな。私が着いたのは1時59分とかそんな感じでした。笑。

店に入るとかなり混んでましたが、オーダーストップ直前ってこともあって待ち時間なく入れました。

で看板メニューがこれです。

ええ、まずはきれいな見栄えに驚かされつつ、奥はブリの刺身ですが、

手前はづけになっていて、しかもご飯の中にもブリがあります。12ヶ条ってのがお店にありましたが、抜粋すると、「串間で水揚げされた活〆のブリを100g以上使ってる」って感じでしょうか。

野菜が5種類以上とかこだわってるところもあります。これとは別にあら汁も付いて、12ヶ条にあるとおりお値段は1000円(税別)。

いやはやすごい。そしておいしかったです。そしてお店の人が優しかったです。とっても丁寧な接客には脱帽です。

金沢旅行でイマイチ消化不良だった海鮮グルメでしたが、宮崎では大満足でした。

おいしく頂いてお店を出ることには「準備中」の看板になってました。ほんとぎりぎりでした。笑。

串間のブリ丼はほんとお勧めです。

都井岬

おいしいブリ丼を食べて向かったのは、今回の旅行の目的の一つになってる都井岬です。まぁ、日本で唯一ここに野生馬がいるということなのでその馬を見に行きます。

馬は動物園じゃなくても牧場にはよくいますし、この前行った北海道でもちょこちょこ馬は見てましたのでそれほど珍しい動物でもないです。

でもまぁ野生ってなるとちょっと話は別ですよね。野生なので、人間が基本管理をしていないということになります。

この都井岬にいるのは御崎馬という馬だそうですが、日本在来馬(北海道和種、木曽馬、御崎馬、対州馬、トカラ馬、宮古馬、与那国馬)のひとつだそうです。

日本在来馬として国の天然記念物に指定されてます。

途中の駒止の門(ゲート)で400円を払って中に入ります。広大な山になってるのですが、それすべてが牧場だそうです。

最初はよく分からず、ちょこちょこ車が止まってるところでちょっと休憩。

そもそも岬なので、すでに景色は絶景です。で、馬はどこにいるのか?って言うと、とめた駐車場の前をみるとこんな感じでチラホラいました。

なるほどすげーな。これは。って関心しつつ、ちょっと先まで進みます。

なにせ絶景ですからドライブも楽しいです。

桜もちょうど咲いてました。

という感じで、近くに馬を発見して近づいていきます。

そうなんです。動物園ではないですからね。チラホラいる馬に勝手に近寄っていくって感じです。

望遠で撮ってますが、馬はまったく関知せず、もくもくと草を食べてます。

この日は予定通り気持ちいい天気なので、いいランチタイムなんでしょうかねぇ。

でどこか他にも馬はいないのかと丘を登ってみることに。

むちゃくちゃいっぱいいる訳じゃなさそうで、少数グループで固まってるって感じでした。

なのでこうやって丘の上に上ってみても見えてる馬がいなかったりします。

それでも歩いてるだけで気持ちいいですからね。

ちなみに馬の視界は350度だそうです。なので後ろから近づくのは厳禁で、距離近くなりすぎると蹴られるようです。

確かに、これくらいの角度でも目がこちらを見てるってのが分かる時がありました。

なるほど。最初はまったく無関心かと思ってたら、草を食べつつ目ではちゃんと人間の位置を確認しているようです。

ちらって。

ていう感じで見てますが、まぁず~と食べてるばかりなのでしばらくたつと飽きてきます。笑。

もっとこう、かっこよく走ったりしないのかなぁ。なんて。こればっかりは仕方ないです。

絶景を見ながら、先端にある灯台まで行ってみることにしました。都井岬灯台。

全国で登れる灯台はたしか15基あるんですが、ここ都井岬灯台もその一つで、九州(沖縄を除く)ではココだけだそうです。

絶景ではよく登場する灯台です。眺めはまずまず。

でも目的は馬なので戻って、馬の観察へ戻ります。

ちなみに、触ってもOKです。他の人も触ってましたので私もチャレンジしてみました。特に動くわけでもないのでちょっと触らせてもらう感じです。

いい経験になります。って書いてしまってますが

触るのはNGみたいです。ご注意下さい。すいません。

ざっと一周すると、最初の駐車場付近が一番馬が集まってそうだったので、戻ってそこの丘へ行ってみることにしました。

いっぱい馬はいますが、ひたすら食べてるだけです。

って時に、ごろごろ遊んでる馬も発見!?

これはけっこう大きい馬だけど乳飲んでるのかな?

て遊びながら写真撮ってると、子馬ちゃんを見つけました。

御崎馬の出産のシーズンは 3月~8月で、4・5月に最も多く生まるとのこと。この日もゲートで子馬が生まれてますよって聞いていたので、会えてよかった。

生まれたばかりなのかな?ヨチヨチ歩きです。

そしてお母さんなのかな?ぴったり寄り添って歩いてました。かわいい。

後ろ足であごをかくというすごい技も披露。

子馬の写真を撮るのは楽しかったです。

で寝ちゃいました。

で人間(私)が近くにいるからか、お母さんはがっちり近くから離れませんね。

景色もきれいですし、のんびり馬と一緒のペースでリラックスできてほんとお勧めです。きてよかった。

ちなみに夕日が超きれいらしいので、見たかったのですが、あいにく今日の宿は南北に長い宮崎の北の方。これから高速で県を横断していかないといけません。ちょっとお疲れ気味なので眠くなる前に移動するために夕日はまたの楽しみにしました。

続く。



 - 8.九州, 旅行 , , , ,