やりたいことをぜんぶやろう!気ままな人生

「人間一生、物見遊山」そんな生き方をしてみたい。

 

車旅3)原爆ドームと平和記念公園を訪れて「はだしのゲン」の記憶を呼び戻す貴重な時間。

      2020/11/22

車旅の続きです。 第3回目「広島~山口~島根~岡山(4泊5日)」の2日目です。

1日目は宮島で終日過ごして、広島市内に宿泊しました。2日目はレンタカーを借りて山口へ向かう予定なんですが、レンタカーを借りる時間が一番早い時間で8時なのでそれまでは時間があります。

早朝起きてから散歩を兼ねて向かったのが、原爆ドームです。

原爆ドーム

原爆ドームの名前で知られてますが、正式には「広島平和記念碑」と言うらしいです。

世界遺産に登録されています。

で、私はまだ行ったことがなかったんですよね。なので広島で行きたかったのは宮島(厳島神社)と原爆ドームって事になります。どちらも鉄板ですけどね。

ホテルは、歩いて20分位の所に取ったので、朝から電車が動いてましたが、まぁ散歩するのにちょうどよかったです。

実は、行ってみると厳島神社の大鳥居と同じように修復中でした。なので足場がガッツリ組まれてて全容は見えなかったのですが、ドームの象徴となる天井部分は見えたのでよかったです。

原爆って、この原爆ドームのすぐそば(距離で160m違い)で炸裂したそうです。隣は平和記念公園できれいに整備されてますし、広島市街も当然近代都市に生まれ変わってますが、この原爆ドームだけは、当時のままですね。

古い話ですが、小学生の頃、「はだしのゲン」をずっと読んでて、その内容がまだ頭に鮮明に残ってるので、何とも言えない寂しい気持ちになります。

平和記念公園はきれいな公園ですし、川沿いを含めて散歩やランニングをする人がチラホラいるんですが、数名「じっと」原爆ドームを見てる人が居たのが印象的です。

平和記念公園

少し前にオバマ大統領が現職のアメリカ合衆国大統領として、核のボタンをもってここに来たのは記憶に鮮明に残ってますね。

慰霊碑(広島平和都市記念碑、通称は原爆死没者慰霊碑)には新しい花が献花されていて、この前を歩いていく人はみなさん手を合わせてます。覗くとですねぇ、火とその先に原爆ドームが見えるんですよね。

火は核根絶の時まで燃やし続けるとされています。

現実的にはアメリカの核の傘に日本は守られていて、今年の核兵器禁止条約には批准、署名すらしていないんですよね。この火が消えることはあるんでしょうか。少なくともそれに向かっていない事だけは冷酷な事実かなと思います。

国立広島原爆死没者追悼平和祈念館。ここにまだ「はだしのゲン」の世界が残ってるんですよね。

5,6年前、仕事で頻繁にベトナムに行ってて、ベトナム人とだいぶ仲良くなって親密な話も出来るようになったころ、ベトナム人も悲惨なベトナム戦争を体験したけど、今はアメリカ大好きって言ってました。世界で唯一アメリカに勝った国である誇りも持ってましたし、今は戦後の復興を成し遂げた日本を一番リスペクトしてるんだって。もう戦後の復興なんて日本ではそんな話微塵もないですけどね。

ベトナムは大好きな国です。日本が復興している時ってこんなだったのかなって想像します。みんな元気で明るくて、空港も新しくなって道路もバンバン出来てて、ビジネスもどんどん成長してて。まぁ書き出すと止まらないです。

貴重な時間でした。この日は早朝で各資料館へ入館はできなかったので、また機会を作って広島に来たいかなって思ってます。

書いた内容とお気楽な旅行旅のブログと合わないのでちょっと短いですが、続きます。



 - 6.中国