やりたいことをぜんぶやろう!気ままな人生

「人間一生、物見遊山」そんな生き方をしてみたい。

 

車旅2)鳥取観光。三徳山三佛寺へ向かうも遙拝所から。小鹿渓に三朝温泉、浦富海岸。

      2020/11/22

続きです。 ドライブ旅で、「滋賀~京都~兵庫~鳥取~島根(5泊6日)」を回ってきたシリーズでの5日目になります。

この日、午前中は宍道湖と松江城を見て、松江城周辺を散策してきました。旅も5日目でそろそろ帰路に向かって移動しないといけません。なので、前日天気がイマイチで通り過ごしていた鳥取に戻ります。

鳥取はずっと日本海側をドライブしてきたので、少し内陸側へはいってみようかと考えて向かったのは、三徳山三佛寺です。

三徳山三佛寺

三徳山三佛寺でピンと来る人はかなりの通かもしれませんが、よく写真では紹介されているので見た事がある人は多いかもしれません。

断崖絶壁に建ってて、険しい山道を登って参拝しなくてはならない「投入堂(なげいれどう)」です。投入堂は国宝に指定されています。日本一危険な国宝と言われてますね。

なんで国宝かて言うと、こういう事らしいです。ええ、平安時代後期の建築物だそうでまぁやっぱり見てみたいですね。

三仏寺の奥院として三徳山北側中腹の断崖絶壁の窪みの中に建造された懸造仏堂で、平安時代の密教建築の数少ない現存遺例である

by wiki

結構な山奥にあります。

全行程で1.5時間かかる本格的登山です。というか、岩登り?なんですよね。

あえなく撃沈・・・でした。どれだけ危険かは行ってみない分からないですし、普通の観光の人も行ってますので命の危険にさらすような国宝まではないのではないか・・って感覚でしたが・・・。

参拝受付で申し込みをすると一人はダメって事で門すら入れてもらえませんでした。なんでもいっぱい人が死ぬので二人以上で安全を確認しながらじゃないと許可されないそうです。

本音は危ないところを歩くつもりはなく、途中まででもいいので安全な範囲でって思ってたのでそんな話をしてみましたが、ダメでした。

鳥取の友達がいるので後日そんな話をしてみたんですが、相当危険なそうです。ええ。

はるばる来たんですけどねぇ。って言いつつ、少し先に遙拝所があるのでそこから見れるとのことで行ってきました。駐車場から少し先に進んだところに標識があります。まぁすごかった。

望遠レンズは200mm(35mm換算で300mm)しかなかったのでちょっと拡大してますが、よくこんなところに作ったもんです。

拡大するとこんな感じ。

まぁ見れたので満足です。途中元気そうな若い人2人が向かって行ったので合流させてもらおうかな?って一瞬考えましたがこういう時は無理しないのが一番ですので。笑。

そんなこんなで、ちょっとドキドキしていた三徳山の登山はできなくなり時間が余ってしまいました。で、すぐ近くにある三朝温泉へ。

三朝温泉

世界屈指の放射能泉(ラドン温泉)という老舗の温泉です。で、言われとしては、ここ三朝温泉で身を清めて先ほど言った三徳山に登ってたそうです。

この橋がかかってる川沿いの野天風呂があります。覗いてみるとお爺ちゃんが入っていたので私もちょっと勇気を出して入ってみました。なので写真はないです。

熱い風呂と温めがあるので、ソーシャルディスタンスを考えて近くに寄らないようにして温泉を満喫しました。

距離を置きつつ、お爺ちゃんと長話してしまいました。いいお湯でした。帰り際「また来てね」って掛けられた言葉が印象的です。

ちなみに野天の隣に脱衣所があって一応「少しだけ」目隠しありますが、お風呂は通りや橋の上から丸見えです。笑。

小鹿渓

温泉から出て、車に乗りこむときに前のお店に貼ってあったポスターに小鹿渓の写真が載ってました。なのでちょっと行ってみることに。笑。

きれいな渓谷に沿ってウォーキングできるようになってました。ところどころ整備が?ってところもありましたが、久しぶりにマイナスイオンを感じてリフレッシュです。

結構歩いた感じもするんですが、標識が何もないのでどこまで進んでいいやらよく分からなかったですね。

とりあえず進んでなんか目印というか滝とかあればそこをゴールにしようって感じで進みます。たぶん滝あるよな・・って予想。

滝って程でもないですが。看板には雌淵(めんぶち)とあります。後で調べたところ対になる雄淵(おんぶち)があるようでそこはちょっとした滝の絶景になってる様でした・・・。まぁまた機会があれば両方見てみたいです。

とりあえずここまで。派手さはなかったのですが、きれいな川を見ながらの遊歩道散策は気持ちよかったです。

特に観光地ってこともなかったのですが、のんびり散策できてよかったです。

さてさて、日本海側へ向かいます。前日天気が悪くて日本海の絶景を見れませんでしたが、今日は快晴なので大丈夫でしょう。

日本海側をドライブしているとちょこちょこ展望台があります。気になっていたのですが、見るとまぁやっぱりきれいでした。

特に、ここ瀧見台は、天橋立にちょっと似てる感じもします。

浦富海岸

絶景を楽しむためにこの日最後に来たのは浦富海岸の遊歩道です。遊覧船もありますが、私は一人ではちょっと乗らないので。しかしまぁほんときれいでした。

海岸まで降りて行けます。鴨ヶ磯海岸。

遊歩道はずっと続いてるんですが、車を駐車場に停めているので戻らないといけません。今日は最終の宿泊日です。

完全に旅モードで帰るって感覚がいまいちピンとこなかったりしますけどね。

ではこれで5日目終了です。つづく。



 - 6.中国 , ,