やりたいことをぜんぶやろう!気ままな人生

自然が大好き!登山、ロードバイク、旅行、車などの趣味の話

絶景ニュージーランド(その6)地震からの復興中クライストチャーチを観光。

      2017/10/22

8月10日 羽田からオークランドへ(オークランド泊)
8月11日 クイーンズタウン観光(クイーンズタウン泊)
8月12日 ワナカ湖観光(マウントクック泊)
8月13日 テカポ湖観光(マウントクック泊)
8月14日 マウントクック観光(テカポ湖泊)
8月15日 クライストチャーチ観光(クライストチャーチ泊)←ここの話
8月16日 クライストチャーチから羽田へ

いよいよ15日です。今日は最終の宿泊地であるクライストチャーチへ移動して市内観光をする予定です。翌日の16日のフライトで日本へ帰国する予定なので実質今日が最終日です。

長いようで、正直あっという間ですね。自然と向き合ってとっても楽しい旅行です。

朝目覚めて、ホテルから外をみるとこんな感じです。

ええ、バキバキに凍ってます。大丈夫かな・・・・。

ちょっと外へ出てみると、通路も凍結してますねぇ。

う~ん、なんだか写真が白黒みたいです。

今日の天気予報は晴れです。まだサザンアルプスは雲がかかってますが、それ以外は晴れ間が出ているので今日は予報通り天気よさそうです。ああ、今日の夜だったらテカポの世界一の星空を堪能できたのか。

まぁ、これも仕方なし。

でも車の移動の方が心配になってきました。暖気運転をしばらくしてガラス回りの氷が解けるまで出発できそうにないです。

南島最大の人工都市、クライストチャーチへ

天文台方面は朝日が当たり始めました。ではではガソリンを満タンにして出発です。

アルプスにかかってた雲もあっという間になくなりました。

さようならテカポ湖!

HILUXは4WDに設定して慎重に進みますが、まぁみんなスピード上げて走ってます。怖くないのか?テカポを出ると吹雪とまでは行きませんが、真っ白闇の中を進みます。慎重に運転ですね。でも対向車の車はチェーンしていないのでたぶん大丈夫そう。

ひつじは雪の中でもお食事中。元気ですね。

そしてしっかりこっちを向いてくれますね。またね~。

結果天気が悪かったのはテカポ湖から少しの間だけですぐに快晴エリアへ!ものの30分くらいかな。

どうやらこっちを見てるのは(たぶん)警戒してるっぽかったです。

しかし何度見てもかわいいんですよねぇ。また来たいなぁ

テカポ湖からクライストチャーチまでは約230kmで3時間の道のりです。今回の旅行で一番長い移動ですね。当然コンビニとかないですが、50km~100km毎には小さな町があります。でそこではこんな感じで公衆トイレがありますね。ちょうどドライブスルーみたいな感じですね。トイレはどこもとってもきれいです。

のんびりアルプスを見ながらのドライブも快適。

クライストチャーチは南島では最大の人口都市です。英国文化が根付いてて、「イギリス以外で最もイギリスらしい街」と呼ばれれたみたいです。こういった公園みてもとってもきれいですし、ガーデンシティっていう事は納得できますね。

カードボード・カセドラル(仮設大聖堂)

クライストチャーチもそれほど大きい街でもないので観光するような場所はだいたい中心部に固まってそうです。

まず向かったのは一番有名なのかな?カードボード・カセドラルという大聖堂。

地震で崩壊した大聖堂の代わりに仮設として建てられたらしいです。なんと設計は日本人!しかもこれ、紙でできてるらしい。

素材のことはよくわかりませんが、すごい技術なんでしょうねぇ。

年間40万人の観光客が来るらしいのですが、平均$0.32の寄付しかないそうで、再建には$5.00必要らしいです。なるほど、$5寄付しました。

2011年2月のカンタベリー地震からもう6.5年経過しているんですが、町はまだまだ復興途上という感じでした。

半壊状態の大聖堂がまだ残ってるので見学に行ってみます。

これですね。10年以内に取り壊されて新しい大聖堂が建築される予定らしいです。長いですねぇ。

一日も早い復興をお祈りします。

あとはショッピングしながら散策してみます。

その前にランチ。ハンバーガー屋さんに立ち寄ります。かわいい女の子が全くやる気なさそうに注文を聞いてます。娘?ってお父さんに聞くと、少し困った顔してそうだって。まぁ退屈ですよねぇ、お父さんのお手伝い。まあでもお父さんと娘の2人で頑張ってました。

これもおいしいんです。でも目玉焼きの上に甘いジャムが乗ってたりと、ちょっと新しい感覚でした。

追憶の橋

最後に行ったのが追憶の橋。

これは地震じゃなくて、第一次世界大戦に関連する者みたいデス。

追憶の橋がかかる川はこんな感じ。まさにガーデンシティですね。

町中、半壊しているビルか更地になってる土地ばかりですね。早い復興を願うばかりです。

ちょっと公園へ立ち寄ります。カードボード・カセドラルの反対の公園です。なんだか宙に浮いてますね。

最終日は、予算を削減すべく、一番安いモーテルです。

でもこれくらいがちょうどいいんですよね。気兼ねなくて。

モーテルで荷物整理した後は歩いて5分のところのスーパーです。ここも棚一面ワインですね。今日が最終日、ちゃんとニュージーランド産のワインを調達しておきます。

ちなみにだいたいどこも$10~$15程度です。もちろん$20以上のものもありますが、あまり味の差は分かりませんのでだいたい$10前後で十分でした。

世界一の星空

クライストチャーチに来て、どうにもやっぱり話題はテカポの星空。一瞬ですが、夜見に行くか!って案もありました。片道3時間、往復で6時間なので行けない距離じゃないですし、世界一の星空の町から3時間のところにいるわけですからねぇ。

でももうそんなに若くないし。。なんて。

でモーテルのおじさんに相談したところ、お勧めの場所を教えてもらいました。クライストチャーチ市街から車で30分くらいのところにあるsign of the kiwi cafeってところ。ちょうど山越えの峠みたいになってるらしく、そこからのクライストチャーチの夜景と、星空がきれいらしいです。

天の川が見れるのか?って質問には、「ニュージーランドだったらどこでもみれるさ」って。

ここは写真なし。でも本当にきれいな星空でした。天の川があんなにはっきり見えたのは正直びっくりです。

クライストチャーチの夜景は手持ち一眼でがんばって撮ってみました。

長かった旅行もこれで終わり。また来週から頑張りましょう。

治安は、まぁ、田舎を回ってたってこともあって、日本に居る時と全く変わりなかったと思います。(とはいえ夜で歩くこともしてないです)クイーンズタウンは観光地なのですが、クライストチャーチもそれほど都会というほどでもないです。印象としてはクライストチャーチは作業員の数がすんごい多いですね。まさに復興中という感じです。

レンタカーは、クイーンズタウンで借りましたが、クライストチャーチで返す予約です。空港に向かうとrental carみたいな看板が出てきますので、レンタルカー専用の駐車場に進みます。そこで借りてる会社のエリアへ止めて、カウンターに行って鍵を返すだけ。とっても簡単でした。燃料はFull to Fullの契約だったのですが、借りる時にpre chargeしておいたので満タン返しでなくてもOK。事故起こさないように安全運転すれば、ほんと快適な旅行になると思います。

 - 海外旅行 ,