やりたいことをぜんぶやろう!気ままな人生

自然が大好き!登山、ロードバイク、旅行、車などの趣味の話

秋晴れの日曜日、奥秩父連峰の盟主!金峰山にのんびり登ってきました。

      2018/05/03

11月5日に金峰山に登ってきました。

11月の三連休です。10月の週末は中旬からずっと連続の雨。なんと3週連続ですね。

先週はミャンマーに行っていたので晴れても山に行けるわけでもないのですが、ずいぶんご無沙汰です。

これだけ空くと、山登りがだいぶ懐かしく感じます。特にミャンマーの衝撃も大きいので。

でも久しぶりの快晴です。

そこでかみさんと娘を誘って山に行こうとしましたが、娘は途中で行かないって。試験前だから仕方ないですね。(試験前に山登りに誘う親もどうかと思いますけどね、笑)

しかし、三連休の最終日、ド快晴!となるとちょと心配なのが高速道路の渋滞です。なので、なるべく早めに戻れる近場の山にすることに。

八ヶ岳も考えたのですが、しばらく登ってない金峰山に登ることにしました。瑞牆山荘からのコースはかみさんは登ったことがありません。なのでちょうどいいですね!

夜明けが6時頃だと思うので、3時起き、3時半出発にしてみました。

あれ?瑞牆山荘のトイレって登記閉鎖ですが、もう閉鎖されてたかな?ちょっと準備不足ですが、なんとか行ってみましょう!

ちょっとトイレの閉鎖が気になったので、途中ダムのある公園でトイレを済ませて行くことにしましたが、その公園での紅葉は結構きれいでした。

ちょうどこの季節なんですね。

そしてこの月。とってもきれいでした!

6時過ぎに無事到着です。無料駐車場は半分くらい埋まっている状態でした。でもみなさん、駐車場じゃなくて少しでも登山口に近いところに路駐してましたね。

ちょっと心配してたトイレは、山荘がまだやってることもあって閉鎖されていなかったです。

では6時30分、スタートします!登山口付近ではもう葉はかなり落ちてますので、紅葉は微妙かもしれません。

秋田乳頭山いらいの山です。秋田はけっこうゆるい山ばかり登ってたので、久しぶりのちゃんとした山登りかな?

かみさん先頭にしてゆっくり登ります。

富士見平小屋まではいいウォーミングアップですよね。尾根のところにくれば

目の前に見えるのは瑞牆山です。

大ヤスリ岩もいつものように豪快で大迫力です。

ニョキニョキって表現がよく似合う瑞牆山ですね。しかし今日は登らず、金峰山を目指します。

しばらくして冨士見平小屋に到着です。途中、ちょっとお腹が痛くなったのですが、小屋のトイレにお世話になって救われました。

富士見平というだけあって、富士山が見えます。でも木々がじゃまであまりきれいに見えるわけではないです。なので写真なしです。

しかしこの日は登山者がとっても多かったです。冨士見平小屋のテン場もすごく賑わってました。

では、山小屋の脇から金峰山方面へ進みます。

冨士見平小屋の周辺はマルバタケブキが生えているのですが、この時期までくればこんな感じになってます。

しばらくは樹林帯をのんびり登って行きます。急ではなくだらだらって感じの登りですね。

しかしちょっと振り返って頑張って除けば、この通り南アルプスの山が見えます。北岳かな。ちょっとしたご褒美です。

鷹見岩の分岐。今日は行きませんが、ここは結構お勧めです。以前、娘と瑞牆山にチャレンジした時に凍結しててアイゼンなかったのであきらめて鷹見岩のぼりました。

雪は積もってませんが、霜柱がいっぱいです。

いつみてもちょっと不気味に見える大日小屋。はたしてここに泊まる人っているんだろうか?

まだ樹林帯が続きますが、上を見上げれば、この快晴です!ちょっと空気が冷たくて歩くのにもちょうどいい感じです。

途中、ちょっとした鎖場みたいなところもありますが、凍ってないので特に使わなくてもいいくらいです。

そして大日小屋を超えれば、振り返ってこんな感じで絶景が広がります。

手前はさっき分岐を通った鷹見岩ですね。

大日岩。ひたすらデカいです。

そしてちょっと方向を変えると、八ヶ岳がきれいに見えます。今日は雲ないですね。

でようやく樹林帯を超えて、砂払いノ頭。登りは楽ではないはずなんですがゆっくり登ってるので疲れ無し。

で、ここからがお楽しみの稜線です!

しかしここから風がかなり強くなってきます。帽子もそうですが、手袋は必須ですね。シェル着ても顔が冷たい・・・。

富士山。まだ雪見えないですね。初冠雪の記録は肉眼でするんだってかみさんから説明を聞きました。

そして瑞牆山。

下のふもとの方はけっこう紅葉してますね。

もういっかい瑞牆山。

小川山方面みても紅葉はきれいです。

おーみえました。金峰山山頂と五丈岩。五丈岩はこちらからみるとちいさい板みたいです。

遠目でみると山頂は地味ですが、なんといっても金峰山は五丈岩に尽きます。かっこいい!

そして今いるのは千代の吹上。ここも結構な迫力ですわ。

これ反対側。特に危険な個所って訳ではないですが、なかなかの迫力。しばらく堪能して進みましょう!

この先、ちらほら雪が付いてます。もうそんな季節なんですねぇ。

ここからは、むちゃくちゃ風が強かったです。なので寒いというか顔が痛い・・・。笑

そして石が少し凍ってるので滑るんですよね。気を付けて歩きましょう。今日は人が多いです。そういう意味では山歩きに慣れてない人も居ますので慎重に進みましょう!

そう、そして山頂はもうすぐ。

いや~、やっぱりデカイわ。

横!

そして富士山のこの絶景。

そして歩いてきた稜線。なんてことのない景色にもみえますが、実際歩いてきてるとやっぱり素晴らしい稜線。

これが山登りの楽しいところ。こんな稜線を一歩一歩歩いてると、はるか向こうに見えた山頂に実際に自分の足で行けるんですから。

そして八ヶ岳と瑞牆山。なんだかまだ山頂前だけどだいぶ写真撮りました。

五丈岩、正面。

ほんとこれは神様のいたずら?とかしか考え付かないような岩です。

これもそう、面白いです。(山頂直下にあります)

でゆっくり登って無事山頂です。4時間。のんびり登山でした。気持ちいい~。

ちょっと風をよけてお昼ご飯食べて下山です。

富士見平小屋のメニュー。いつかビール飲んでみたいです。いつも車で日帰りなので飲めません・・・。

久しぶりに獲得標高1000m以上登りました!

ちなみに、帰宅時はトランプ大統領のゴルフのおかげで中央道が一時閉鎖されて、とっても渋滞してました。

2017-11-05 金峰山 2,599m
瑞牆山荘~金峰山(ピストン)
時間 7:32(休憩も含む活動時間) 
距離 12.88km 
獲得標高 1,173m
※参考CT 7:15



 - 11月, 4-八ヶ岳・秩父・多摩・南関東, 登山 -地域別-